暗視防犯カメラ

空き巣や不審者や自転車、車などの進入や盗難等さまざまな事件が多発している中で、決定的な状況証拠が必要になってきます。さらには自分の身は自分で守るなどの意識も高まってきており、防犯カメラの需要もとても高まっています。

防犯カメラは大きく分けて通常の防犯カメラとネットワークカメラの2種類が有ります。

防犯カメラは玄関先や勝手口などへの設置やリビングなどに設置する方法がメインです。少し前ではHDレコーダを別に用意するものが主でしたが、近年ではmicroSDカードを使うものが有り、利便性が増しています。

また、インターネット回線を使用するネットワークカメラもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です