玄関の防犯

玄関や勝手口などの出入り口には郵便や宅配便の配達やガスの検針など様々な人が入る場所ですので、第3者以外の人が近づいても疑われることが少ない場所になっています。

1ドア2ロックをつけるようにして、侵入者ができるだけ侵入に時間をかけるようにすることが玄関周りの防犯対策になります。ピッキング犯罪も増加していっていますが、ピッキングされにくい複雑な構造の鍵に変えることもとても重要です。

そして以外に気づきにくいのが玄関扉の横についている明りとりの窓でそこから侵入してくる可能性もありますので、手を差し込めないようにしたりなどの対策が必要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です